お気軽にお問い合せ下さい TEL:0585-22-6008
空白 空白 サイトマップ 採用情報 お問い合せ お問い合せ


  

2016年度 
Hakken to Boken project 
NARUMI KATSURAGAWA WORKSHOP
IN IBI-YOUCHIEN 2016
テーマ : まち ・ みち

  
作者---タイトル・制作年・サイズ(イメージ)・技法   
左 桂川成美--- fade away
・2014・72×91cm・水性木版  
上 桂川成美--- a tilt・2010・84×127cm・水性木版
  
  
  
クリックでポップアップします。
動物の足跡でてきるけものみち
プラハ城と城下町
羅城門と平安京の町並み
  
  
  

どものえたもの ・・・ ページに移動




NARUMI KATSURAGAWA WORKSHOP IN IBI-YOUCHIEN 2016
 テーマ : まち ・ みち

 桂川成美ワ-クショップin揖斐幼稚園シンポジウム
 テ-マ: 「子どもとアート~イメージをつくるプロセス~」

 シンポジスト      桂川成美(版画家)
             刑部育子(お茶の水女子大学)
             斉藤亜矢(京都造形芸術大学)
             野口紗生(明治大学)
             東村知子(京都教育大学)
 司会          佐木彩水(揖斐幼稚園)
 経緯説明        佐木玲水(揖斐幼稚園)

 場所   揖斐幼稚園Art&Scienceスタジオ
 日時   平成28年8月5日(金)午後2:00~4:00
 

 

 見上げるような存在感。白黒の画面に広がるのは黄金に輝く幻の「ほし鹿」の森、平安京にどっしりとかまえる羅城門、世界最古で最大のチェコのプラハ城。桂川氏と子ども達で生み出した画面は、魔法使いや鬼が登場し、森に住む動物たちの足跡があり、平面の向こうに入っていけそうな奥行きと世界を感じさせてくれます。
初めて展示された画面を見たときの子ども達の満足そうに眺める表情、これが今回の全てを語ってくれています。自分の作品として完成度を求めるアーティストの真剣さと、子どもの遊びの世界、両者がともにあってこその充実感。他者とともに作り飛翔する手応えを大人も子どもも感じた夏のひと時でした。
そして、ワークショップ後も子ども達の部屋に飾られ続けた画面は、作品という名目を越えて、子ども達の生きる遊びの世界の一部になり続けました。


  
左写真---中日新聞 2016/08/05 (金) 朝刊より
上写真---岐阜新聞 2016/08/06 (土) 朝刊より
新聞をクリックでポップアップします。